Purification of Stone - 石の浄化

浄化・パワーチャージについて

☆浄化の目的

浄化が必要な理由、それは石は人の手を触れた時点で
その人の気持ちやエネルギーを記憶してしまうからです。
お手元に届くまでの間には多くの人の手に触れる事になり
その多くの人の気持ちも記憶してしまいます。
そのような状態では、その石はあなたとスムースなコミュニケーションがとれません。

これを洗い流すのが浄化です。
Chimoky Quartz の石は全てお渡しする前に浄化をしておりますので
特に必要ありませんが、郵送等の方法でお手元に届いた時は軽く浄化をして下さい。

毎日身に付ける事で疲れを吸い込み、次第に石の艶が無くなったりくすんだり、
パワーが薄れて元気が無くなる時もあります。
この様な時にも下記の方法は有効です。


(1) クラスターで休ませる

パワーチャージの方法として一番簡単でよく知られている方法です。
携帯電話の充電器と思うのが解りやすいかもしれません。
クリスタル(水晶・紫水晶)などの原石のクラスターに乗せ浄化・パワーチャージします。
暫く使わない場合にも休ませる事が出来ます。
普段は睡眠の間など、一晩クラスターの上に乗せて置くと一日の疲れを取ってもらえます。

*それでも疲れが取リ切れないような場合は下記の浄化方法(2)〜(7)を
石の特徴に合わせて行ってください。
各浄化の方法から気に入った方法や、組み合わせて行なうとより効果的です。

石の浄化は最初だけではなく使い始めてからも行なう必要があります。
ヒーリング後や石が疲れて見える時、しまっていた石を再び使い始める時などです。
クラスターの上に乗せておくと浄化が必要なくなったり、
その間隔が長くなったりする石もあります。

浄化する前に、解らない事がありましたら必ずお問い合わせください。
日光・水・塩に弱い種類やクラック(ひび)のあるものは特に注意が必要です。
人から譲ってもらった物、アクセサリー等で、
暫く身に付けていなかったものは使用前に浄化すると良いでしょう。


(2) 薫浄する

薫浄(スマッジ)とは、お香の煙などの中に石をくぐらせる方法の事をいいます。
お香の他お線香、ドライハーブなどをいぶして行ないます。
火をつけてから煙が消えるまでの間続けます。
主にドライハーブのホワイトセージを使います。(10秒くらい)
あまり長時間するとヤニが付くので注意しながら行ってください。
どの石にも使えるのでお勧めの方法です。


(3) 太陽に当てる(日光浴・特に朝日)

日の出の太陽の光を最低3回石にあてます。
連続でなくてもかまいません。日没前には必ず取り込むようにします。
カルサイトやアメシスト等、光に弱い石は色抜けする場合があるので他の方法で行います。


(4) 満月に当てる(月光浴)

満月の晩にベランダなどに出して置きます。
ムーンストーン等、特に満月と相性の良い石もあります。
ローズクォーツやアメジスト等、光に弱い石はこの時に浄化・チャージすると良いでしょう。
朝日に当ると色あせてしまう石の場合は忘れずに取り込んでください。


(5) 波動水、セラピス・ベイ、ホワイトポマンダーで拭く

オーラ・ソーマで使われるクイントエッセンスのセラピス・ベイ(Serapis Bey)と
ポマンダーのホワイトを石や手にたらして磨きます。
水に弱い石には柔らかい布に数滴垂らして拭きます。
強力な浄化力を持つエッセンスなので簡単に出来ます。
波動水(ミネバランス)を利用しての洗浄や磨きも強力な浄化になります。


(6) 流水で洗い流す

水でサッと洗う方法もありますが、より丁寧な方法として
汚れていない水を使い一昼夜さらすほうが効果的です。
天然の涌き水が最も良く、水道水の蛇口をよく絞って行うことも可能です。
浄水器があればそれを使ってください。
外側から内部に続くクラック(ヒビ)がある場合は、
割れる危険がありますのでその場合は別の浄化の方法をご利用下さい。
水晶クラスターの場合、流水で洗い風通しの良いベランダ等で乾かす事をお勧めします。
インカローズやカルサイトなど、特に水に弱い石は水での浄化は絶対に避けてください。


(7) 塩を使う

天然の粗塩を使い流水で揉み洗いする方法と
塩の上に置くか埋めて3日ほどしてから塩を綺麗に洗い流して水気を拭く方法があります。
パイライト等、塩の成分が合わない石もありますのでご注意下さい。


(8) 土に埋める

清浄な土に最低3日間埋めます。
土は生物を育む強力なパワーを秘め、毒素を奪い、大きなエネルギーを吹きこみ、
奪った毒素さえ生物にエネルギーを得るものに変えてしまいます。

浄化の中でもっとも強力な方法です。数十日間、土に埋めておくとより効果的です。
クラックがある場合は植物繊維でできた布で包んでから埋めるといいでしょう。


★石を無くした・割れた・糸が切れた場合

石は役目が終わった時、姿を消したり、割れたりする事があります。
又、ブレスレットなど紐が切れて弾けたりする事も稀にあります。
これは悪い事が起る前ではなく、むしろ終わった・過ぎた後によく起ります。
石が身代わりになってくれた、働いてくれたのだと感謝して土に返したり、
まだ役目がある石の場合は繋ぎ直したりします。

♪毎日石たちを見ていると不思議と石の表情が見えてきます。
浄化の時を石との会話の時間と思って、楽しみながらおこなって頂くと
より繋がりが生まれると思います。

☆石と共に、楽しく豊かな人生を過ごされます様に心からお祈り致しております☆ 

vita felice !!! 
Chimo ☆.。.:*・°☆.。.:*・° 



Copyright(C) 2007- Chimoky Quartz. All Rights Reserved.